Site Loader

個人情報をそのままゴミとして捨てないようにする

自分のプライバシーは自分で守らなければなりません。個人情報が知らない間に漏洩しているケースも考えられます。しかし、その個人情報の漏洩に自分の落ち度はないと言い切れるでしょうか。例えばインターネットショッピングで商品を購入した場合、ダンボールに商品が入れられて貴方の自宅に届けられます。届いた商品をダンボールから出した後、そのダンボールはどう処分しているでしょうか。何も考えずにゴミ置き場に捨てているだけでは、個人情報が守られていないと言えます。商品が入っていたダンボールには複数枚のシールが貼られているケースが多いです。そのシールには名前や住所、商品番号などが記載されているパターンがほとんどでしょう。そのシールを貼ったままでゴミ置き場に捨てていると、誰かに個人情報を盗まれている可能性もあります。そのようなミスを避けるためにも名前や住所、商品番号などが記載されたシールは破って、バラバラにした後ゴミ箱に捨てるのが良いと言えます。手で破るのが嫌なのであればシュレッダーを使うのも1つの方法です。シールに記載されているバーコードの部分も破り捨てるのが良いでしょう。バーコードを読み込むことで個人情報を盗まれる危険性があるからです。そのリスクを回避するためにもバーコードの部分も破ってから処分しましょう。

インターネット上の個人情報も守っておこう

個人情報は紙から流出するだけではありません。インターネット上の個人情報も漏れてしまう可能性が考えられます。例えばSNS上に個人情報を記載しているケースがあるでしょう。しかし、SNSは誰でも見ることができるものであるため、個人情報を盗もうと企んでいる人がSNSをチェックしている可能性もあります。そうなれば誰に個人情報を盗まれているかが分からないため、犯人を見つけることは困難になります。またインターネット上の個人情報が、一度漏れてしまうと猛スピードで個人情報の共有が行われるケースも考えられます。そうなれば対処できなくなってしまいます。このようなミスを避けるためには、SNSに個人情報を記載しないのが賢明です。しかし、SNSに個人情報を記載したい人もいるでしょう。そのような場合はSNSにあるプライバシーの設定を行っておくと良いと言えます。プライバシーの設定を行えば、家族や友人といった一部の人にだけ個人情報を公開することも可能になります。個人情報を公開する範囲を限定していれば、ある程度のプライバシーを守ることはできるでしょう。またSNSにアクセスする際のパスワードを頻繁に変更しておくのも、プライバシーを守る方法として有効です。

シュレッダーには手動と電動があります。手動は電動と比べて安価でどこでも使えるという反面、処理能力がやや落ちるので希望の予算や処理能力に合わせて購入しましょう。